様々な種類がある国内債券

様々な種類がある国内債券

資産運用というと株式投資が一般的ですが、それに並ぶ人気を誇るのが、国や地方自治体、企業の発行する債券を利用した「債券投資」です。数ある資産運用の中でもリスクの低さから一部で人気の高い債券投資ですが、他にどのような特徴があるのでしょうか。今回は、知っているようで意外と知らない債券と債券投資について見てみましょう。

「債券」とはどのような仕組みか

「債券」とは、資金調達をする発行体(国や会社等)がお金を借りた証拠として、利子の支払いや元本の返済をあらかじめ約束して発行する証書のことを言います。一般的に債券は、発行時点で利率や期間(償還期間)、発行価格等の条件が決められているため、株式投資や為替取引と比べるとリスクが低いものの、リターンもそれほど高くないのが特徴です。最新の個人向け国債を例に見てみると、変動10年、固定5年と固定3年の3種類の個人向け国債が発行されていますが、ゼロ金利政策、マイナス金利政策の影響を受けて最低保証利率の0.05%に貼りついてます。

定期預金と債券の違いとはなにか?

発行時点での利率や償還期間、発行価格などが定められている債券は、銀行の定期預金とよく似た性質と言われていますが、細かい部分で異なる性質を持ち、それがリスクの大小を左右しています。
定期預金と債券でもっとも異なる点として、中途解約と元本保証、発行体が破綻したときの扱いがあります。定期預金ではペナルティがあるものの中途解約に対応していて、元本保証は満期時に預金元本が支払われ、発行体が破綻したときには元本のうち1,000万円までとその利息については預金保険機構によって保護されます。
これに対して債券は、売却こそ可能なものの中途解約はできず、新発債(新規に発行された債券)であれば満期に額面金額が支払われますが既発債(既に発行された債券)であれば取得した価格に応じて損益が発生します。更に債券の場合は預金保証のような仕組みがないため、発行体が破綻すると発行体の余力のうちで償還されますが、余力によっては購入金額以下の金額しか帰ってこないこともあります。
このように、金融商品としてよく似た性質を持つ定期預金と債券ですが、債券のほうがリスクが高い金融商品であることに注意が必要です。

債券の種類と特徴

一口に債券といっても、その発行元によって国債や地方債、社債など、いくつかの種類があります。それぞれの特徴について見てみましょう。

意外と歴史が浅い?「個人向け国債」

国が発行する債券を総称して「国債」と呼びますが、現在の債券精度の下で個人投資家が国債を直接購入できるようになったのは、変動金利型が2003年3月から、固定金利型が2006年1月からと、実は意外と最近です。
個人向け国債は利息の支払い方に応じて固定5年と固定3年、変動10年と3本の国債が設定されています。固定5年と固定3年は半年ごとに利息が支払われ、満期まで利率が変わらないのに対して、変動10年は利率が半年の利息の支払日ごとに計算されるのが特徴です。

政府機関の「政府保証債」、地方公共団体の「公募地方債」

政府保証債は、国債と同様に国が発行する債券の一種ですが、政府が発行する国債とは異なり、政府関係の特殊法人等がそれぞれ法律に基づいて発行する債券(政府関係機関債)であり、特に政府が元利金の支払いを保証しているものです。国債や政府保証債と異なり、地方公共団体が事業活動資金を集めるために発行する債券を「公募地方債」と呼びます。
1万年単位から購入できる国債と異なり、政府保証債、公募地方債とも、「申込単位10万円・期間10年」が一般的ですが、近年では申込単位や期間、目的などの多様化に合わせたミニ地方債(住民参加型ミニ市場公募債)の発行など、その内容は多様なものになっています。

事業のために会社が発行する「社債」

「公債」とも呼ばれる国や政府機関、地方公共団体が発行する債券に対して、民間の会社が発行する債券のことを「事業債(社債)」と呼びます。満期までの期間が法律によって定められている公債と異なり、社債の満期期間は発行する会社によって決定され、利率は発行時点の金利水準をベースにその会社の信用度に応じて決められます。同じ発行時期で比べると満期までの期間が同じ定期預金や国債の利率より高い(利回りが高い)のが社債の特徴ですが、債務不履行(デフォルト)になるリスクも高くなります。

債券投資に生じるリスク

株式投資やFXに比べるとリスクが低いと言われている債券投資ですが、資産運用である以上、いくつかのリスクが生じます。債券投資の主なリスクについて見てみましょう。

債券投資のもっとも大きなリスクとして、元本の償還や利息の支払いが滞ったり、支払不能になる「信用リスク」があげられます。債券の信用リスクは格付け会社による格付けが判断の目安となりますが、その内容と解釈については議論があるため、あくまで目安程度に留めておくのが賢明でしょう。
この他にも変動債を購入したときの「価格変動リスク」や、外国債券を購入したときに生じる「為替リスク」など、いくつかのリスクがあります。

比較的リスクの低い債券投資ですが、このようなリスクがあることを踏まえた上で投資に望むべきでしょう。

おわりに

このように、リスクの低さから人気を集めている債券投資ですが、その発行体や購入時期によってはかなりのリスクを背負って取引をすることもあります。
投資である以上、一定のリスクがあることを認識した上で取引をするようにしましょう。

The following two tabs change content below.
不労収入への道

不労収入への道

できることなら不労収入で生きていきたい・・・このサイトはそんなあなたのためのサイト。様々な投資方法の解説を行っております。
不労収入への道

最新記事 by 不労収入への道 (全て見る)