ちょっとわかりにくい?国内投資信託

本格的な資産運用を考えると、有力な選択肢として注目されるのが「投資信託」です。資産運用に有力なツールである投資信託ですが、その仕組みを知らないで購入すると、知らぬ間に大きな損失をこうむりかねません。
今回は、投資信託の仕組みと種類、その特徴について見てみましょう。

投資家の資産を集めて運用する「投資信託」

「投資信託」とは、複数の投資家から集めたお金をまとめて一つの資金として、資産運用の専門家が対象となる金融商品に投資して運用し、その成果を投資額に応じて還元する仕組みの金融商品の総称です。
証券会社や銀行、郵便局などの販売窓口を通じて集めた投資家のお金は、信託銀行によって管理されますが、実際の運用は投資信託会社が担当します。投資信託会社は運用方針にしたがって金融資産の売買をおこない、実際の売買はお金を管理している信託銀行によっておこなわれます。

これだけ揃っている投資信託の種類

個人投資家の資産運用のツールとしてもっとも一般的な投資信託は、その運用方針や対象となる金融商品によっていくつかの種類に分かれています。
ここでは代表的な投資信託の種類と、その内容について見てみましょう。

マネー・マネジメント・ファンド(MMF)

国内・海外の債券やコマーシャルペーパー(CP)、譲渡性預金(CD)など短期の金融商品を中心に運用する、追加型公社債投資信託です。株式は一切組み入れずにリスクを少なくして安定した利回り確保を目標とするファンドです。

マネー・リザーブド・ファンド(MRF)

MRFはMMFと同様の性格を持つ公社債投資信託ですが、証券総合口座専用ファンドとして導入されている点が異なります。MRFでは流動性と安全性を確保するために運用対象を格付け・残存期間等で厳しく定め、条件をクリアした短期金融商品だけで運用され、株式は一切組み入れていません。収益分配金を毎日計算し、月末に分配金に対する税金を差し引いて一括して再投資します。

株式投資信託

任意のタイミングで売買できる追加型の株式投資信託です。経済状況や政策金利、株式市場の動きにのっとったタイムリーな資金運用ができるのが特徴であり、世界の株式全てに投資するものから人気の高いテーマに絞ったものまで、様々な内容があるのも特徴の1つです。

上場投資信託(ETF)

株式投資信託のうち、様々な市場平均(インデックス)と連動するものをインデックス型投資信託(インデックス投信)と呼びますが、インデックス投信の中でも株式市場に上場しているものを上場投資信託(ETF)と呼びます。
機械的に運用するため低コストが魅力のインデックス投信よりも更にコストが低く、株式市場で取引されているために売買の仕組みや課税関係は株式売買とほぼ同じという特徴があります。

不動産投資信託(J-REIT)

投資家から集めた資金で不動産を保有して、そこから生じる賃貸料収入や売却益を投資家に還元する上場投資信託を「不動産投資信託(REIT)」と呼び、日本で組成されたREITを特に「日本版不動産投資信託(J-REIT)」と呼びます。
J-REITの運用は「投資法人」と呼ばれる組織がおこない、投資家は投資法人が発行する「投資証券」を取引することで運用に参加します。
J-REITは投資信託ですが、大部分の投資証券は証券取引所に上場しているため、株式やETFと同様に、証券会社を経由して株式市場で取引をすることが可能です。

投資信託のメリットとデメリットはなにか

このように様々な種類がある投資信託ですが、これだけ種類があるからこそ投資信託ごとにメリットとデメリットがあります。投資信託のメリットとデメリットの中でも、代表的なものについて見てみましょう。

1万円から購入できて、積立投資にも対応

ほとんどの投資信託は、最低購入価格が1万円と数ある金融商品の中でも少ない資金で取引をはじめられるのが特徴です。また、証券会社によっては毎月一定額を定期的に購入する「積立投資」にも対応していて、安定した資産運用の実現に一役買っています。

分散投資が簡単にできて、安定した資産運用ができる

安定した資産運用のためには、資金を分割して投資することでリスクを分散させる「分散投資」が有効ですが、様々な資産を対象として組成されていて、比較的少額での取引に対応している投資信託は分散投資にぴったりの商品と言えます。
投資信託は積立投資にも対応しているため、商品だけでなく時間を分散させた投資も可能になるため、よりリスクを低くした取引が可能となっています。

他の金融商品と同様、一定のリスクは存在する

リスクを分散させた投資に長けた投資信託ですが、どれだけ分散しても投資をする以上、一定以上のリスクは必ず存在します。投資信託に生じるリスクとして代表的なのは、対象となる資産価格の変動による「価格変動リスク」や外貨建て資産に投資することで生じる「為替変動リスク」、政策金利の変動によって起きる「金利変動リスク」などがあります。

おわりに

このように、資産運用のもっとも基本的なツールである投資信託は、その仕組みを理解して投資することで、比較的大きなリターンを期待できます。
株式投資や債券投資と比べると仕組みは多少複雑ですが、その仕組みを学ぶ価値は十分にあると言えるでしょう。

The following two tabs change content below.
不労収入への道

不労収入への道

できることなら不労収入で生きていきたい・・・このサイトはそんなあなたのためのサイト。様々な投資方法の解説を行っております。
不労収入への道

最新記事 by 不労収入への道 (全て見る)